でこぼこな私の日記~再出発編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが子(ワンコ)にとって大事だと思う事

昨日のごま散歩の時に、ちょっと考えさせられた事が有りました。
これは、個人によって価値観や考え方の違いがハッキリ分かれる所だと思いますが、あくまでも私個人の考えだという事で書きます。(苦情は一切受け付けてません、悪しからず・・・。)

時々散歩で出会うマルチーズの男の子が居ます。
彼はたまにノーリードでフラフラしていたりするので、見かけるとハラハラするのですが、昨日会った時ははちゃんと飼い主さんとリードでお散歩の帰りでした。
あれこれ世間話をしていて
「ごまちゃんは女の子?男の子?」(この飼い主さんは初対面では無いのですが、毎回同じ質問をされます 笑)
と聞かれたので
「男の子です、去勢してます。」
と話すと、
「うちの子は自然で良いと思って敢えて去勢しなかったの。そうしたら、男の子の病気になってしまって、手術をしないといけないの・・・もう10歳で高齢だし小さい身体に麻酔を掛けられるのも不安で、可哀想で・・・」と話されていました。
「頑張ってね。早く良くなると良いねぇ・・・」
としか言えずにバイバイしましたが・・・

ワンちゃん、猫ちゃんに限らず、去勢避妊手術は個々の飼い主さんの考え方が有るので、絶対に正しい答えは無いとは思っています。ただ、こんな話を聞くと、子供を望まないのであれば早期に去勢させてあげたら防げた病気だったんじゃ無いかな・・・ってちょっと切なくなったのです。

ごまを去勢する時、私たち夫婦の意見は一致していましたが、周囲の意見は違いました。
「健康な身体に、わざわざメスを入れるなんて動物虐待でしょ?」
「ごまちゃんの子供が欲しくないの?」
手術して数年経過している今でも
「こんな自然に反してる事、可哀想だ」って言う人も居ます

でも、
・私たちには、ブリードの専門知識が無い。
・仮に子供を作ったとしても、我が家では多くのワンコを飼ってはあげられない。
・オスとしての本能は残っていて、ヒート中の女の子のニオイがしても欲望を発散出来ずにストレスになるだろう。
そして・・・
・将来歳をとって男の子の病気になってしまって、体力が無いとかの理由で手術が出来ない・・・などで後悔はしたく無い!
と、色々考えた末で去勢をさせました。

結果。
体重は増えやすくなって体重管理は大変だし、性格が大人しくなる、なんて事は無かったけれど、昨日の様な話を目の当たりにすると、あの時色々悩んで出した結論は間違っては居なかった!
と、思ったのです・・・。

これは、もちろん全て犬猫の飼い主さんに去勢避妊しろ!
って言っている訳ではありません。
ただ、わが子にとって良かれと思ってやって来ていることなので、その事に対して
「間違ってる!」「動物虐待じゃない!」「人間の子供にも同じ事をするのか?」
とか、簡単に言わないで欲しい。
(私たちはごまを我が子だと思っています・・・けれど、ワンコと人間は同類の生物ではありません!きちんと管理してお世話してあげなければなりません。)

みんな悩んだり、色々考えたりした末で結論を出して実行してきているのです。

今日は文字だらけで読みづらい上に、重い話ですみません・・・。どうしても書きたい気持ちが抑えられなかったのです・・・。
101116_0022~01
パパのお布団が大好き♡安心してスヤスヤしてます♪
そしてパパはゲームが大好き(笑)





スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。