でこぼこな私の日記~再出発編

大それた選択だったのかなぁ

本日2度目の更新です。
愚痴の上に長い記事ですので、面倒くさいな、と思われたらスルーして下さいね。

昨日、今日と久々の連休だったのですが、昨日はなんだか身体がだるくてコンビニに行く以外は家に引きこもり、今日こそは散歩にでも行って最近の鬱々とした気分を払拭するんだ~!!

・・・って思ったら東京は暴風雨!!

気持ち空周りです

なんでこんなに鬱々しているのかと言うとお仕事の事です。

私は今ITシステムの運用の現場に駐在していますが、同じオフィスにヘルプデスクも一緒に入っています。
ここで言うヘルプデスクとは、普通のコールセンターとはちょっと違い、ユーザーからの疑問を吸い上げて解決するまでを一手に引き受けています。

私が女性だから(女性のほうが電話受けが良いと思ってるらしい)、と自宅が勤務先に近いからという理由で、私は運用のメンバーで有りながら、ヘルプデスクの応援、運用メンバーでは私一人遅番勤務が有ります。

月初のだいたい7日間くらいなのですが、このヘルプデスク支援が現在最高にストレスです

ヘルプデスク支援に入っている時間帯は運用に入れないので運用のお仕事をもっと覚えたいのに覚えられないし、ヘルプ支援でヘルプ席に座っていても、遅番の時間帯はそもそも電話が少ないので、ヘルプのスキルも上がらない・・・

そもそもこのヘルプデスク、受電対応の体制、人数、マニュアルすべてが見切り発車なので、私が電話を受けても

「後ほど担当から折り返しお電話差し上げます。」

と言う事が多いのです(一企業としてそれもどうなの?!って思いますが

ヘルプデスクのSV(スーパーバイザと言います)同士の意識も統一されていない、現場責任者(運用、ヘルプ両方の)との話も平行線、いつまでたっても応対マニュアルが出来ない・・・
この状態で対応しろ、勉強しろって言われてもなぁ・・・

だけどもう一人の女子は普通の昼間に入っているので、比較的受電数も多く、IT、医療事務経験者と言う事もあり(医療事務にちょっと関係のあるシステムらしい)割とスラスラと応対してる

私としては、運用も中途半端、ヘルプデスクも中途半端になってしまい、そうこうしている内に同時期に入った若い子達がどんどん成長していくのを見ていると焦りだけが募り・・・
運用SVの(わかりにくいのでジャイアンにします)
「おまえなんかに期待してね~よ」
「同会社の中では一番下」

の心無い言葉に傷ついたりして(もう一人の女子と私を比べる発言とかね。もともとのスキルが違うし、未経験なのはわかった上で採用しているハズなのに

自分に似つかわしくない仕事に来てしまったのでは?
私には運用がキッチリ決まっている現場や派遣の方がいいのでは?


と、ここ1~2ヶ月悩んでました。

テンションの低い状態が目に見えて分かったのか、ジャイアン上司が
「最近テンション低いけど、どうした?」
「なんか悩んでるのか?」
っと来たもんだ

お前のせいなんだよ!!お前の発言のせいなんだよ~!!

飲みに行って事情は説明しましたが、まだ迷ってる事を告げると
「じゃあいいよ!」
とか言い出すので
「私は必要なんですか?要らないんですか?」
と思わず逆切れしちゃいました。

その場では「要るよ!」って要ってくれましたが、結局飲みが進んで酔っ払って来てその話はその場では終りました。

後日、直属(同じ会社から出向している。わかり難いのでドラえもんにします)上司に
「プロジェクトの立ち上げ段階から関われる事は滅多に有るもんじゃない。今の現場で頑張れば必ず後々為になるから続けてごらん、続けてほしい!」
って言われたのと、言いたい事を吐き出してスッキリしたので直ぐに退職するのは止めましたが、まだ迷ってます。

アベノミクスで景気が上向いてきた!とは言え、非正規雇用のアラフォーにはまだまだ厳しい現状のこのご時勢に「居てほしい」と言われているだけ幸せだと思いますが、この先もずっと同じ数年間が続くのかと思うと憂鬱です。

明日は日勤でお仕事なのですが、ちょっと憂鬱です

んで、憂鬱なくせに、雨の日はこんな音楽を聴いたりします。



さらにこんな曲も聴いたりします(古いなぁ)


a-ha懐かしいなぁ・・・。
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント