でこぼこな私の日記~再出発編

そりゃ~無理だよ、ダニエルさん!!

先日の検査ではADHD傾向あり!

と診断された私ですが・・・


診断が着く前からADHD、発達障害の本を読み漁りました。

今日はこの本↓について書きたいと思います!

「わかっているのにできない」脳〈1〉エイメン博士が教えてくれるADDの脳の仕組み/ダニエル・G. エイメン
¥1,800
Amazon.co.jp

「わかっているのにできない」脳〈2〉エイメン博士が教えてくれるタイプ別ADD対処法/ダニエル・G. エイメン
¥1,800
Amazon.co.jp


アメリカの精神科医にしてADHD治療に明るく、脳画像にも詳しい、ダニエル・エイメン博士の著書です。

ADHD(注意欠陥多動障害)ではなく、ADD(注意欠陥障害)についての本ですが、ADHDでも参考になりそうなので読んでみました。

<1>ではADDを6つのタイプに分け、<2>ではタイプ別に対処の仕方や、日常生活で工夫したり、食生活の改善、オススメのサプリメントなど、細かく書かれているのです。


タイプ別はさておき、<2>の方では日常生活におけるアドバイスが書かれているので、今後の参考になれば・・・と思うのですが、これがまた「こんな事出来そうに無いな・・・」的なアドバイスだったりします


・有害物質は排除する

カフェイン、アルコール、ニコチン(本にはマリファナ!なんて記述もありました。アメリカのドラッグ問題の深刻さが垣間見れますあせる

タバコは止めれたけれど、カフェインが・・・コーヒーや抹茶ラテが大好きな私、これは厳しい~ウキャー!

お酒だって週に一回くらいは飲みたいし~あせる


・頭部を保護しよう

頭部を怪我してADD様の症状が出る事があるそうです。

そういえば頭はいっぱい怪我してるなぁ、私・・・(車に跳ねられて頭をぶつけたり、犬小屋に頭を強打して流血とか・・・この頃から既に注意欠陥の症状はあったんですね)


・食事療法

高たんぱく、低炭水化物の食事、水分を多く摂る、砂糖を摂らない

いわゆる炭水化物(パン、お米、パスタ、じゃがいも等)は摂取してはいけないらしい・・・無理無理無理むりいぃぃぃ~!!

パン大好きはーと。スイーツ大好きwハート☆ な私にはかなり厳しい食生活でございます泣き3


何を食えばいいんじゃあぁぁ~いかり


と叫びたくなります。

ダニエルさんによると、パンなら全粉粒のものが良いそうです。じゃあ、お米は雑穀米でも食べようかなぁ・・・ご飯Loveなのに(涙)

タンパク質はアミノ酸の元になるから必要なのだそう。これは後のサプリメントで詳しく。


・激しい(笑)有酸素運動

そもそもADD(ADHD)の人は運動が苦手なのでは?とツッコミを入れたくなります。しかも激しい(笑)

取り入れられるか分かりませんが、身体を動かす機会は作ろうと思ってます!激しくは出来ないけど苦笑


・薬物療法

日本では18歳以上の人にはADHDの薬の処方は認められていないのでそもそも無理。(18歳以前から服薬している人には継続して処方してもらえます。)


・サプリメント

上にも書いたとおり、日本では成人にはADHDの薬を処方出来ないので、サプリメントに期待!

そもそも、ADD(ADHD)は前頭葉(感情をコントロールし、記憶をまとめたりする場所)と、腹側線条体(衝動を抑制する場所)の機能不全が原因なのですが、特にドーパミンの濃度が低く、神経細胞同士の情報伝達が正常に行われない。


そこで、私が選んだサプリメントはこちら

L-チロシン(写真左)

ドーパミンの原料になるアミノ酸です。食事療法で高タンパク質を摂取するのはこのアミノ酸を沢山摂取するためと思われます。


L-トリプトファン(写真中央)

セロトニンの原料になるアミノ酸です。脳内でセロトニンが不足している状態が鬱病です。

私は抑うつ状態で服薬しているので、こちらもチョイス。


マルチビタミン・ミネラル(写真右)

この栄養素はADHD、うつ病に限らず摂取したほうが良さそうですよね!

ちなみに、夫、ういちも私のサプリ飲んでます。
デコボコな私の日記

このサプリメント、日本の薬屋さんやネット通販では見つけられなかったので、海外通販(楽天)で購入しました。

アメリカのサプリメントなのですが、アメリカのサプリメントってデカイ!!

普段私が飲んでいる薬と比べると、この大きさ!!
デコボコな私の日記飲み込むのに水をたくさん飲まないと喉につかえます(苦笑)

日本の薬って飲みやすく出来てるなぁ・・・って、もしかして、向こうの人の喉がデカイだけ?!(笑)


あっ!現在病院で処方されたお薬を飲んでいる方はサプリメントを飲む時は掛かりつけのお医者さんに相談してからにして下さいね~!飲み合わせがあるようなので・・・

私は薬を飲む間隔を2時間以上開ければOKですよ。と言われました!


色々と書いてみましたが、一言。


「そりゃ~無理だよ、ダニエルさん!!」


って言うのが正直な感想です(笑)

せっかく分厚い本を読んだので、日常生活に取り入れられそうな事は実行しようと思ってます。





スポンサーサイト

Comment

2. Re:無題

>reeさん
食事や運動が発達障害改善に影響があるとは、この本を読むまで知らなかったので、目からウロコです!

>そのころからサッカーやり始めたんだよ。
やはり運動って脳に良い刺激になるんでしょうね!reeさんやご主人様の応援があったし、もちろん本人の努力もあって立派に成長したんですね。本当に頑張り屋さんで優しいですよねp(^-^)q
わかっているのに言葉に出せなかった頃は歯がゆかっただろうなぁ・・・
白米、美味しいですよね!日本人だなぁ~。

よくよく考えると私の兄は多動と衝動がひどくて、(今でも落ち着きは無い)大人になってからも、たびたび暴力を振るわれました。多分兄もADHDなんだろうなぁ・・・と思います。

娘さんは習い事しっかり続けていらっしゃるし、頑張り屋さんだし、なによりreeさんがしっかり応援してくださっているんだもの、大丈夫ですよ!
2人の記事を読むのが大好きですo(^▽^)o

2012.03.14(Wed) 09:03       Juno0624 さん   #79D/WHSg  URL       

1. 無題

食事の事とか運動の事とか、発達障害全てに当てはまるね。

息子は言葉の障害で、4歳までママ、ダダすら言わなかったの。
それこそ分かっているのに言葉に出来ない状態。
その頃からサッカーもやり始めたんだよ。
ただそもそも白米が大好きな子だから、食事はあまり気にせず、サプリは摂らせてたの。

前記事の、整理整頓が苦手、忘れ物&失くし物が多い、集中力にムラ・・・100%娘よ~!

以前もコメントしましたが、私は娘はADHD傾向にあるはず。
医者も先生も指摘はしてなかったから問題はない程度とは思うけど。

2012.03.14(Wed) 08:12       ree さん   #79D/WHSg  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント