でこぼこな私の日記~再出発編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年初ハイキング~棒の峰

梅雨の中休みだった日曜日、今年初のハイキングに行って来ました♪
ちなみに今日はウザイくらい写真いっぱいです

今年初の山は去年と同じ『棒の峰(棒の折山)』です!
ここは私が初めて登った山でもあるので、毎年登り始めはこの山を自然と選んでしまいます。(去年の記事はコチラから
DSCF3810.jpg有間ダムの奥にある白谷沢登山口から登ります。

ちゃんと案内板もあります。
DSCF3808.jpg

登山口にはこんな湧き水もあります。
DSCF3809.jpg高尾山や御岳山のような観光登山ルートの様に登山口が広くないので、ちょっと見落としやすいかもしれません

登り始めはいきなりの急斜面が続きます!夫曰く「これは急斜面じゃない!」との事ですが、私にとっては急斜面です(苦笑)
DSCF3812.jpg最初からちょっとキツイですが、この急斜面を越えると・・・

沢すじの爽やかなコースになります♪初心者向けのハイキングコースでは、沢登りが楽しめるコースは少ないのでここは貴重なコースです。
DSCF3823.jpg蒸し暑かった日曜日、沢の側は涼しくて気持ちよかったです♪

行く先々でこのアジサイの様な花がキレイに咲いていました。
DSCF3831.jpg

途中にはこんなゴルジュ(狭く切り立った岩壁に挟まれた谷の事。山岳用語ですが、フランス語では”喉”という意味だそうです)もあります!1000m以下の低山にゴルジュが有るのはとっても珍しいんだそうです。
DSCF3835.jpg私はこの山ではココが一番の見所だと思いますが、写真では迫力がなかなか伝わらないのが残念です

DSCF3827.jpg

鎖場です。文字通り鎖が打ってある場所です。この鎖に掴まり登りますが、あくまでも鎖は補助なので、基本は足の力で登ります。上から撮影しているので、ここも迫力が伝わらないですが、下から見上げるとけっこうな岩場です(私にとっては 笑)
DSCF3833.jpgこの鎖場の横は滝です!

岩場でコケも多く、滑りやすく、急なので、それなりに注意して登ります。
DSCF3834.jpg

この滝を越えて少し登ると、林道にでて、東屋のある休憩ポイントがあります。
沢の水が汲めますので、飲料水の補給にも良いかと思います。
DSCF3841.jpg

さて、ここからは沢も終わり、景色が単調になる上、傾斜も急なので、山頂までけっこうキツイです。
DSCF3842.jpg

だんだんヘッピリ腰になってくる私。もっと身体を鍛えないと~(汗)
DSCF3844.jpg

岩茸石と呼ばれている岩です。
かなり大きかったです
DSCF3850.jpg

ヘロヘロになりながらも頂上に到達!
所要時間は休憩を入れて2時間20分!山に慣れている方なら1時間くらいで登れるかも知れません。
DSCF3847.jpg夫は「俺一人だったら1時間で登れるな!」と豪語してました

この日は山頂に付いた頃には曇ってしまい、眺望はイマイチで残念でしたが、こうゆう景色もけっこう好きです。
DSCF3848.jpg

頂上はちょっとした広場になっており、ココでお弁当を食べる方も沢山いましたが、私たち夫婦はいつも下山してからお店に入って食べてます。(重たい荷物は背負いたくないし 笑)

帰りは元来たルートを直接下りますが、山頂でご一緒したご夫婦に伺った話では、尾根沿いのルートも春はカタクリの花や天然ワサビの自生地などが有って美しくてオススメだそうです。
DSCF3859.jpg次は違うルートを通ってみるのも良いかな?と思いましたが、ゴルジュが好きなので、またこのルートを通るかもしれません
下りは1時間半で下りてくる事が出来ました!途中休憩1回で済みました!(ちなみに上りは休憩6回 汗)去年よりも少し進歩しました♪

下山途中でみつけたキイチゴ。食べてみようかと思いましたが、カワイイのでこのままにしておきました。
DSCF3860.jpg

これから上られる方へのご注意としては・・・
★梅雨時期なので沢は水量が多く、コケがあり滑りやすい。
★マムシ注意の看板があり、今年は見ませんでしたが、去年登ったときは2、3匹見かけました。マムシは臆病なのでこちらが構わなければ攻撃はされないそうなので、見かけても騒がずに通り過ぎるのを待つのが良さそうです。
★スズメバチを何匹か見かけました。まだ攻撃性は弱い時期かと思いますが、用心に越した事はないかと思います。この日は私は黒いキャップを被って行きましたが、黒色は避けたほうが良いかも知れません。

何度登っても楽しい棒の峰!今シーズン中にもう一度来られたらいいなぁ~♪と思ってます。







スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。