でこぼこな私の日記~再出発編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分でトリミングレッスン

「自分でトリミングレッスン」に行って来ました♪
場所は世田谷区で自宅からはかなり遠いのですが、いつものトリミング料金とさほど変わらないお値段で、お家でお手入れする際のコツも学べるなら・・・と、言う事に。

私が直接お手入れをしているので、写真が一枚しかありません。
夫が一緒に行く!と言って着いて来たので写真を撮ってもらいたかったんですが、手持ち無沙汰になった様で、途中退席。受付で座ってました

肝心のレッスンですが、トリマーさんがマンツーマンで教えてくれますので安心です^^

爪切りのコツを教わりました!
我が家では、ごまが頑なに嫌がるので、お家で爪切りするのは諦めていたのですが、台の上で、首を押さえてカットしてあげると大人しく切らせてくれました!
カットする爪の長さは1、2mmで充分。角を落とすくらいで良いそうです。
これからはお家でも爪切りが出来るかも!

そして、これも我が家では諦めていた
「耳毛抜き」
シュナは耳の中に毛がびっしりと生える犬種なので、耳毛を抜いてやる必要があるんですが、こちらも指に滑り止めのイヤーパウダーを付けて指で引っ張って入り口あたりの毛を抜いてあげるだけで充分なんだそうです。耳穴の奥のほうまで素人がやるのは難しいので、こちらはプロに任せようかな、と思ってますが、トリミングへ連れて行く頻度が減って家計が助かるかも!

足裏周りの毛もカット。プロのトリマーさんはバリカンを使うらしいのですが、私は怖いのでハサミを使う方法を教わりました。はみ出している余計な毛をカットしてあげるだけで充分なんだそうです。ただ、これだとすぐに毛が伸びてしまうので、まめにカットしてあげる必要があるそうです。

いよいよシャンプーです。シャンプーをする前は、スリッカーブラシで毛のもつれや、毛玉をキレイに取っておきます。
jibunde-torimingu-01.jpgシャンプーに関しては自宅でもやっているので、特に新しく教わってはいませんが、ワキや内股はすすぎ残しが多い場所なので、念入りにすすぎます。
コンディショナーも同様に、全体に馴染ませてからすすぎますが、ベタベタやぬるぬる感がなくなっていればすすぎ残しが無いサインです。

乾かし方はスリッカーブラシを使って、地肌から風をしっかりと当てて乾かします。やはりワキや内股は乾き辛い場所なので、念入りに。
ワキを乾かすときは、乾かしたい足と反対側の足を持ち上げると乾かしやすくなるそうです!
これはいろんな事に応用できそう!

毛が乾いたらいよいよバリカンを入れて行きます!
バリカンを使ったのは初めてでしたが、かなり楽しかったです♪こうゆう作業、結構好きかも♡
ただ、バリカンはやはり刃物、肌が柔らかい場所(内股や足の関節の後ろ側)など、お肌を切ってしまいやすい場所もあるので、そこだけは注意してバリカンをかけて行きます。

最後の仕上げはすきバサミやカットバサミを使ってお顔周りと足回りをキレイにカット。
すきバサミを使うと、カットした後が自然に馴染んでキレイに仕上がりました!

Before・・・
DSCF4398.jpg

After!
DSCF4400.jpg近くでよく見ると、バリカンで短くカットし過ぎていたりするんですが、初めてにしてはキレイに仕上がったと自画自賛(笑)トリマーさんにも「かなり上手でしたよ~」とお褒めの言葉を頂きました♪

私は、ごまはトリミングではしゃいじゃって、トリマーさんを困らせているんじゃ無いかと思ってたんですが、意外にもトリミング台に載せると大人しくてスムーズに作業できました。
トリマーさんにも
「ごまちゃん、大人しかったですよ~!もっと激しい子はいっぱい居ますよ」
って言われてホッとしました

今回レッスンで使って、かなり使いやすかったスキバサミを購入して帰りました!自分でカットすると、ザンバラ頭の様になってしまうのが、ちょっと可愛そうだったんですが、スキバサミを使うと自然にキレイにし仕上がるので、かなり使えます♪
DSCF4402.jpg何度かレッスンを受けて、慣れてきたら、バリカンも購入したいと思います♪

本日のトリミング料金は6,500円也!普段のトリミング料金よりお安くつきました!
世田谷区まで連れて行く時間(一時間半~二時間)と、駐車場代は掛かりますが、お手入れのコツを直接教えてもらえるし、ワンコの色んな話を聞けて楽しく学べました♪
また是非レッスンを受けたいと思います
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。