でこぼこな私の日記~再出発編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有楽町で会いま~しょ~う♪ 3

昨日無事にレーシック手術を受ける事が出来ました~
もうメガネなしで遠くが見えます

ちょっと、緊張しましたが、終わってみれば「へぇ、こんなあっさり終わっちゃうのか~」って感じです。

当日はまず視力の検査から。前日の検査よりずっと短時間です。
それが終わると会計で、手術代金を支払い、注意事項を受け、手術のフロアに移動です。

履物を履き替え、ロッカーに荷物を預け、ロングヘアーは一つに束ねます。
ここで、私は失敗しちゃったんですが、ヘアゴムを持ってくるように言われていたんですが、シュシュを持っていったら、レーザーが反応しちゃうらしく、使えませんでした(病院のを借りました)前髪が目に掛からないようにカシューチャをして行ったんですがそれも外さないといけないそうです。
とにかく、アクセサリー類はヘアアクセも含め全て外さないといけないそうなので、これから受ける方はシンプルなヘアゴムを持っていく事をオススメします。

その後、給食当番みたいな帽子(紙製)をかぶり、いよいよ施術フロアーへ。
最後の診察を受け、麻酔の目薬を点眼されます診察でOKが出れば手術です

手術室の扉がずらりと並んだ廊下にそれぞれの扉の前には椅子があり、そこに座ってまた麻酔の目薬、ともう一種類なにやら目薬を点眼され、麻酔が効いてくるのを待ちます。
麻酔が効いたら遂に手術開始です。
手術台に乗り、シーツを身体に掛けられ、そしてまた目薬点眼、担当の先生に挨拶をうけいよいよ開始。
下まぶたと上まぶたに目を開いておく為のテープを張られ、目に開く装置らしきものを着けられます。

そこからは、緑や赤の光が見えたり消えたり視界に水が流れているのが見えたりする感じ。(絵文字はあくまでイメージです)
多分レーザーを当てる時間を計測しているんだと思いますが
「20秒・・・あと10秒です」などと言っている声が聞こえました。痛みは私の場合は殆ど無く、張られたテープを剥す時に少し痛いくらいです。
もう片方の目にも同じ施術をされて終了。看護婦さんに連れられて回復室という部屋でしばらく横になって目を閉じ30分程(多分)すると痛み止めと炎症止めの目薬を点眼され、更に一休み(多分10分くらい)してから手術後の診察を受けます。診察の結果がOKならば、術後の目薬のつけかたなどの説明後、帰宅です。

わたしはフラップ(ふた)にしわが出来たので、もう一回手術室に行きすぐに治してもらいました。
こういうフォローがすぐにあるのが安心

手術後、クリニックのビルの窓から外を眺めると、隣のビルの看板の文字が読めた口には出さなかったけど、プチ感動~
これを裸眼で見てるなんて・・・

帰宅後は、一時間おきに目薬を点眼したりするので、手術当日はちょっと大変。TVや読書、PCや携帯メールもせず、ずっと音楽を聴いてましたが、さすがに少し疲れたんで、昨日は10時前に就寝寝るときは専用の眼帯を着けて寝ます。(無意識に目をこすったりしないように)

術後の一週間程は点眼とかお風呂とか管理がちょっとだけ大変ですが、受けて良かったです











スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。