でこぼこな私の日記~再出発編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロバブルバスを手作りしてみました♪

本日は出かけているため、予約投稿をしてます。

さて、犬を飼っていらっしゃる方なら、一度は耳にしたことが有ると思いますが、お肌に優しいと評判のマイクロバブルバス、最近「マイクロバブルバスは手作り出来るらしい!」と、とあるブログを読んで知りました!
ごまは(シュナが、かも)お肌が弱いので、2ヶ月に1度程、トリミングサロンで、マイクロバブルバスに入れてもらってます!通常のトリム+1200円位(うろ覚えですが 汗)しかも取り扱いサロンは自宅から遠い・・・
これが、数千円で、自宅で気軽に出来ると聞いたら、もう作らない訳が無いです♪

『マイクロバブルバス 手作り』で検索したら、沢山のサイトやブログが出てきました!
私は複数のブログやサイトの方法を組み合わせて作りました。

※記事の作り方はあくまでも私の経験談です。実際に作られる時はご自身の責任でお願いします。

材料はコチラです!
・市販のシャワーホース&シャワーヘッド(低水圧用)
・ステンレスホースバンド(6mm~16mm用)
・   〃       (8mm~22mm用)
・エポキシパテ金属用
DSCF4027.jpg

そして、コチラが重要な部品、金属製アスピレーター。
本来は理科の実験などで、真空を作る時に使うそうで、これはホームセンターには置いてないと思います。
DSCF4019.jpg私はインターネットで購入しました。
ショップはコチラです理科実験教材のひだまり

全ての材料を合わせても6,614円シャワーホース&シャワーヘッドは既存の物を使うならさらに安く出来ます。

アスピレーターの各部の名称です。ここにシャワーホースを取り付けてバンドで固定して、吸気口を塞ぐだけです!超簡単!
DSCF4028.jpg

では、具体的な作り方です。
シャワーホースをカラン側10cmの部位で切断して、給水口をさしこみ、ホースバンド(8mm~22mm用)でしっかり固定します。
DSCF4029.jpgホースはカッターで簡単に切断出来ますよ♪

シャワー側のホースに、放水口をさしこみ、ホースバンド(6mm~16mm用)でしっかり固定します。
DSCF4031.jpg

吸気口をエポキシパテ金属用で塞ぎます。
★エポキシパテとは、水や金属に強い接着剤で、手で練って柔らかくしてから使います。接着させると10分程で固まります。固まったらまず剥がれることは無いそうです。
DSCF4033.jpg吸気口を塞ぐのは多くの方がゴムキャップで塞いでいたのですが、私が覗いたホームセンターにはゴムキャップが無かったので、売り場の方と相談して、エポキシパテを使いました。

これで完成です!後は取り付けるだけです!
DSCF4032.jpgごまも興味津々です(笑)

取り付けには、家に有った↓の様な道具を使いました。
DSCF4034.jpg調べたらウォーターポンププライヤーという工具なのだそうです。サイズが合えばレンチでも外せそうです。

カランにはこんな風に取り付けました。
DSCF4036.jpg

はい、これで取り付けも完了!全ての作業に掛かった時間は1時間強。
不器用な私にも出来ちゃいました♪
DSCF4037.jpg

早速、マイクロバブルが発生しているかの確認です。
シャワーヘッドは外した方が泡がたくさん発生しますが、付けたままでもそれなりに効果があるそうです。

早速比較してみましょう♪写真左は、マイクロバブル使用前のお水。
DSCF4038.jpg DSCF4040.jpg写真右がマイクロバブル使用時のお水です!この白く濁って見えるのは細かい泡が発生している証拠です!
この泡がお肌をキレイにしてくれるのです

ごまに使うまえに、人間(私)で試してみました♪
シャワーヘッドを点けてシャンプーしてみました。多くの方がシャンプーのあわ立ちが良くなったと書かれていたんですが、イマイチ実感出来ず・・・でも、クレンジング(オイル)はスルリと落ちて、何時も気になっている小鼻の黒ずみもキレイに落ちていて、効果を実感できました♪

ひとつ難点を挙げるとすれば、水圧が落ちてしまう事です。が、ちょっと水圧が落ちるくらいで、お肌がキレイになるのなら水圧くらい我慢、我慢!

ごまのおウチマイクロバブルバス入浴はハイキングの後に行う予定です。
さて、効果は如何に?




スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。